ニュース

STP分析について考える

弊社の求人情報サイトをご覧いただきありがとうございます。

株式会社PLOSPERITA

代表の佐々木です。

STP分析とは?

セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングの頭文字を取った、市場ニーズを満たす価値観に対して、自社の優位な位置付け、自社の商品、サービスの立ち位置を決めるためのプロセスです。

 

ん?

呪文のように見える?

でもね。理解するのは、意外と簡単です。。

 

STP分析は市場を細分化し標的になるターゲットを選定します。セグメンテーチョンは、市場を細分化するパラメーターを使います。人口統計分布図などは、美容メーカーさんなどでもやって頂けます。

 

どこを取りにいくのか?

人口統計分布などから、

ポジションを決めてから、自社のサービスを求めている人のみを集客していくのか?

ターゲットを決めてから、その人が求めている商品、サービスを創るのか?

 

という順番に決まりはありません。

 

ちなみに弊社の場合は、

「本物の上質な美容室」

になることを理念として掲げております。

 

ですから、その「上質」を求めていらっしゃるお客様、「専門性」のあるサービスを求めていらしゃるお客様ばかりです。

 

お腹が減ったら?

ここで、例え話をw

 

お腹が減って、何か食べよう!と思ったらどうします?

 

そこで、ラーメンを食べようってなったら、、「ラーメン屋」を探しますよね?

じゃあ、

どこのラーメン屋さんに行こうとなったら、味噌ラーメンが好きな人は、味噌ラーメンが美味しいお店を探しますよね?

ではこの人は、

「ファミレス」「ラーメン屋」「味噌ラーメン専門店」

 

どこのお店に入りますか?

 

「味噌ラーメン専門店」=ポジション

「味噌ラーメンが好きな人」=ターゲット

 

至ってシンプルです。。

 

そもそも、

ラーメンを一切食べない人、ラーメンが嫌いな人に一生懸命「うちのラーメンは美味しいよ〜」って宣伝しても来店するわけありません。

 

また、

「美味い味噌ラーメンが食べたい!」って思っている人が「ファミレス」を選ぶ確率も低いんです。

 

美容室では?

 

ですから、弊社サロンは「本物の上質な美容室」を目指しているから、「上質なお客様」しかいらっしゃいません。

(※他店さんを否定している訳ではございません。クレームは受け付けておりませんw)

 

1000円カットのサロンに「美意識が高い人」が行くでしょうか?

 

安さをウリにしている美容室にもっとも求められるのは、「スピード」です。

「早い、美味い、安い、の牛丼と同じ」スピードが無いと、生産性上がりませんからね。

1000円カットも10分で終了です。

 

「スピード」をとことん追求して、

こだわった仕事ができるのでしょうか?

1人1人のお客様にしっかりと接客できるのでしょうか?

 

自社のポジション

自分のポジション

をしっかり設定していないと、ブレます!

 

「ファミレス」を目指したいのか?

「専門性の高いお店」を目指したいのか?

 

ウリのない美容師になりたいのか?

自分のウリがある美容師になりたいのか?

 

弊社はしっかりとポジションをとり、他店さんと全く違うサロン運営をしています。

 

「あなたの美容室はどんな美容室ですか??」

これの明確に答えられますか?

 

惑わされず、ブレずにいきましょ!

 

 

La fonte つくば二の宮店
LA FONTE due つくば東新井店
LA FONTE ONLINE SHOP