ニュース

☆ママ美容師さんの働き方☆

本日もブログを読んでいただきありがとうございます。

株式会社PLOSPERITA

代表取締役

佐々木です。

美容師として活躍していた女性も、結婚・出産と生活環境の変化とともに、大好きな美容師の仕事を離れてしまう人も少なくありません。

ママさん達が「また美容師に復帰しよう」と思った時にどんな生活やメリットやデメリットがあるのでしょうか?

こちらの記事では、弊社のママ美容師である「マネージャーの吉田さん」を例にママ美容師の1日や体験談などを紹介させていただきます。

また、

ママ美容師さん(女性スタイリスト)・ママアイリストさんが無理なく働くことができる、株式会社PLOSPERTITAの美容室(LAFONTE)、アイラッシュサロン(まつ毛とまゆ毛の専門店ココロニコル)についてもご紹介致します。

ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。

ママ美容師の1日

ママ美容師の1日は、どんなスケジュールなのか?お子様を保育園に預けて働いているママ美容師さんの1日を紹介します。

【6:00】起床

自分自身の身支度をして、家族の朝食を作ります。

自身のお弁当も作るとお昼ご飯の節約にもなるのでgood!

【7:00】子供起床

子供を起こして、一緒に朝食をとります。保育園の準備ができたら、家を出ます。

【8:00】登園

子供を保育園に預けます。

【9:30】出勤

勤務する美容室へ出勤です。ここからは、ママではなく、プロの美容師としてお客様に向き合います。

【17:00】退勤

今日の仕事を終えて、保育園にこどものお迎えです。そして、買い物やその他用事を済ませて帰宅します。

【20:00】入浴

夕食と片付けを済ませて、子供と一緒に入浴します。子供とゆっくり今日の出来事を会話しながらの癒しの時間です。

【21:00】寝かしつけ

子供を寝かしつけてから、残りの家事をします。「お便りチェック」や明日の準備を済ませます。

【22:00】フリータイム

今日の疲れをとるリラックスタイムです♪ドラマを見たり、美味しいおやつを食べたり。。大切な時間です。

【23:00】就寝

寝不足になると、次の日に響きますので、24時前には、寝るようにします。

ママ美容師さんがスムーズに1日を過ごすためには、

  • 出勤前に出来る限りの家事は済ませておく
  • 前日に保育園の用意(子供の用意)は済ませておく
  • 帰宅後に子供との時間をしっかり取る
  • 自分のリラックスタイムを取る
  • 夜更かしをしない

などの工夫が必要です。

また、

子供が体調を崩して保育園に預けられない時、

  • 祖父母に預ける
  • 病児保育に預ける
  • 両親のどちらかが休む
  • 自分の予約状況を確認しておく

など、の対応をあらかじめ確認しておきましょう!

運動会や授業参観などの、学校行事・保育園行事はあらかじめ、年間予定表を確認し、職場(美容室)で休日を確保しておきましょう。

(※お客様の予約が入ってからですと、お客様や他のスタッフが対応しなくてはいけませんので、早めに確保しておきましょう)

〜〜ママ美容師さんの本音〜〜

「美容師として働いていてよかったこと」

多くのママ美容師さんは、出産前にスタイリストとして働いていた方が多いと思います。産後復帰後もまた、スタイリストとして活躍する場合が大半です。

家庭(育児)と仕事(美容師)の両立は簡単なことではありません。。

しかしながら、仕事をして「自分で稼ぐ」のはもちろん、ママや妻としてではなく、職場(美容サロン)で自分の居場所がある。と言う嬉しさがあります。

一人のプロの美容師として、責任感のある仕事をし、職場の仲間や上司、お客様との信頼といった関わりは、良い刺激となり、生きがい、やりがいに繋がります。

また、ブランクが長くなる前に復帰する方が、当然スムーズに美容師へ復帰できますが、子供の成長に合わせて働き方を変えていける美容室かどうか?

お金を稼ぐだけではなく、やりがいを持って働けるかどうか?もママ美容師さんには重要な要素だと思います。

「不安なところ」

ママ美容師さんにとって働いていて困ったことといえば「子供さんの急な発熱などによる急休」ではないでしょうか?

子供は頻繁に熱を出しますし、前触れなく、朝になって突然熱を出すこともあります。

美容室に急遽お休みを取得することに「罪悪感」を感じてしまうことのあります。

そんなことを、感じさせない環境が、弊社にはあります♪

〜職場復帰をされたいママ美容師さん、ぜひ株式会社PLOSPERITAへご相談ください♪

続きます。。

La fonte つくば二の宮店
LA FONTE due つくば東新井店
LA FONTE ONLINE SHOP